TOPICS

記事一覧

こんにちは。
京都河原町のうつわ・こまもの屋 Rikka Knot(リッカノット)です。

滋賀で作陶されている稲村真耶さんのうつわを入荷しました。

稲村さんは、青みの強い九谷の磁器土を使用し、京都の呉須で、安南手、古伊万里や古染付などから影響を受けた、様々な表情の絵付けをされています。

女性作家ならではの、心くすぐる可愛らしい柄や、フランスのアンティークのようなデザインが、食卓を楽しく華やかに彩ります。
青味がかった白磁に呉須のうつわはとても凛としています。

稲村さんのうつわは、凛とした美しさに加え、薄手のカーテンから差す光や、春先の木漏れ日のような、ふんわりとした優しさもあります。

ぜひ店頭で稲村さんの世界を楽しんでいただけますと幸いです。
展示は一部ですので、気になる方はお声掛けくださいませ(^^)
こんにちは。
京都河原町のうつわ・こまもの屋 Rikka Knot(リッカノット)です。

大変申し訳ございませんが、本日は営業時間を下記の通りとさせていただきます。

ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願い致します。

12:00〜17:00

こんにちは。

京都河原町のうつわ・こまもの屋 Rikka Knot(リッカノットです)。


このたび、金継ぎのワークショップを開催します!

金継ぎは、割れたり欠けたりした陶磁器を、

漆と金粉を使って修復する日本の伝統技術です。


Rikka Knotは、お気に入りの器を長く大事にお使いいただきたい、

金継ぎという技術を身近に感じていただきたいと思い、

ワークショップを開催することにしました。


講師は、京都嵐山に工房を構える 金継師 高橋りえさんです。

当日は代用漆や合成樹脂等を使う簡易金継ぎですが、

実際の金継ぎと同様の手順を体験することができます。


お申込みはページ下部の「CONTACT」をクリックいただき、お問い合わせ内容に

下記をご記入後、送信してください。

当店からの確認のご連絡を持ちまして、ご予約完了とさせていただきます。

①ワークショップ名 金継ぎ

②ご希望日時

③参加人数

④お電話番号


【金継ぎワークショップ】

*予約制 各回4名様まで


▶︎開催日時と参加費

2020年3月15日(Sun)、24日(Tue)

①10:30~/②15:00~(約2時間半)

¥4000(税込)


▶︎持ち物

・割れや欠けのある器を2個程度(ない方は100円均一などで購入し、割れや欠けを作ってください。難しい場合はご相談ください)

・持帰り用の箱か容器(タッパー可)

・エプロン(汚れても良い服装)


▶︎注意事項

・割れは器1つにつき2個まででお願いします。細かいと時間内の修復が難しいです。

・金継ぎには合成樹脂や少量の溶剤を使用し、本漆は使用しません。

・中学生から参加できます。保護者様もご参加ください。


▶ご予約はこちらから↓