菅野一美さんのご紹介

こんにちは。

京都のうつわ・こまもの屋 Rikka Knot(リッカノット)です。


今日は当店で取り扱っている、菅野一美(かんのかつみ)さんの作品のご紹介です。

菅野さんは、いろいろな作風のうつわを作られていますが、中でも掻き落としが特徴的です。

磁州窯という、伝統的な中国の焼きものがあります。素地に白土で化粧掛けをし、鉄絵の具で牡丹や唐草などを描いたり、掻き落としで模様を出した作品が代表的です。

菅野さんは磁州窯の技術を使い、中国やオランダの伝統柄をモチーフにした柄を考案して、掻き落としで描かれています。
柄の多様性もとても興味深いです。
こちらはオランダの伝統柄がモチーフです。
とても可愛いですね。
お客さまからよく、女性作家さんですか、と聞かれますが菅野さんは男性です(笑)

初めて菅野さんの工房に伺ったのは6月でした。
笑顔が素敵な優しい雰囲気の一方、うつわ作りには大変情熱的。

うつわ作りへの想いも語ってくださいました。

昔の伝統柄を使って描くのは、潜入感にとらわれず新しいものを作っていくため。
独自性を追求していきたいと、常に考えているのだそうです。

ぜひ店頭で、菅野さんのもの作りを感じてください。
新しいうつわとの出会いになること間違いなしです(^^)

お電話、email、instagramDMからもお問い合わせ、ご購入が可能です。
お気軽にお問い合わせくださいませ。

Katsumi Kanno is famous for works using scraping techniques.
It is based on a traditional Chinese pottery called the Gwangju kiln.
Kanno devised and drew patterns with traditional Chinese and Dutch patterns.
The diversity of patterns is also very interesting.

Rikka Knot (リッカノット)うつわ・こまもの屋

つくりの良いもの、使いやすいもの、心躍るもの。 Rikka Knotは、作り手のこだわりや個性を感じる美しいうつわと 各地の丁寧な手仕事によるテーブルウェアを集めたセレクトショップです。 9月22日 京都河原町にOpen

0コメント

  • 1000 / 1000